メラトニンの作用

メラトニンと光の関係

日が短くなる季節は、なんとなく憂鬱な気分になり、晴れて日が長い日などは、気分も軽くなります。
こういったことから、明るい光が、覚醒に大きな信号の役割を果たしていると言っていいでしょう。眠気を払いたい、気分を上げたいときは、太陽の光を浴びると良いということになります。

 

日中たくさん光を浴びるこことで日中のメラトニン分泌を低下させると、夜、光が弱くなるにつれ高い数値を示します。

 

メラトニンって何?

眠りを促すと言われている、メラトニンというホルモンは、第3の目と言われている脳の奥にある「松果体」が分泌してます。このメラトニンは、生体リズムの影響で暗くなると自動的に分泌しはじめます。日が沈みだす夕方から徐々にメラトニンは分泌され、真夜中にピークを向かえ、朝方につれて徐々に少なくなっていくようです。

 

目から強い光を感知すると、メラトニンは分泌されにくくなります。眩しくない程度の光は問題ないと思うのですが、目の奥にある網膜は、わずかかな光でも感知してしまうため、できるだけ真っ暗にして寝るのが、メラトニンを多く分泌させつ秘訣とも言えます。

 

メラトニンの働きには、

 強い抗酸化作用(老化防止、抗ガン作用)
 生体リズム調整作用(鎮静・睡眠) 
 性的な熟成の抑制 

 

成長ホルモンの分泌のピークが、午後10時から午前2時間までと言われています。
このことから、メラトニンの分泌が多くするためには、9時までには、目への光の刺激は避けるようにしましょう。

 

メラトニンの作用関連ページ

メラトニンを多く含む食品
元気があれば何でもできる!と、猪木さんがいっているように、元気は宝です。元気があれば、自分で考えて行動できる。
メラトニンのサプリメント
元気があれば何でもできる!と、猪木さんがいっているように、元気は宝です。元気があれば、自分で考えて行動できる。
リラックス セロトニン
元気があれば何でもできる!と、猪木さんがいっているように、元気は宝です。元気があれば、自分で考えて行動できる。