成長ホルモンの作用

睡眠中の成長ホルモン

睡眠のゴールデンタイムと言われているのが、午後の10時から午前2時まで、なぜ、ゴールデンタイムと言われるかといいますと、この時間帯に成長ホルモンが多く分泌するからです。

 

入眠して、最初におとずれるノンレム睡眠が一番深いとされています。そして、明け方にかけて徐々に浅くなっていきます。この一番深い眠りの時に、成長ホルモンの分泌量が最も多いとされています。

 

体の回復・発達

この成長ホルモンは、肌の修復や、傷口の修復、代謝促進、骨代謝、免疫機能の回復など、子どもなら、どんどん細胞が分裂し、骨が伸びるなど、成長に欠かせないホルモンです。大人のわたしでも、9時半ごろに寝て、朝鏡を見ると、肌の奥から回復しているのが分かります。普段の肌とは違いますね。

 

午後の10時までに寝るという生活リズムを続けるのは、簡単なようで難しです。睡眠のリズムは案外簡単に崩れてしまうからです。
特に、幼児期は、8時までに寝て、朝は6時くらいに起きるのが理想とされています。

 

睡眠リズムなどが崩れてきているな、と感じたら、朝は早く起こし、日中の運動量を増やすことから初めてみましょう。

 

熟睡するには

熟睡するには、、と一言では言えませんが、あえて一言で言ってみると、ずばり!『生活のメリハリ』です。でも、個人それどれ生活スタイルが違いますので、自分なりにコントロールして、安眠できる環境作りも大切ですね。

 

 朝、太陽の光を感じ、自然に目覚める環境を作る。
 寝る前はテレビを見ない、夜更かししないために。
 日中や夕方に運動をする、できれば有酸素運動。
 寝室環境を整え、心身ともにストレスを取り払う。

 

そして、熟睡するには、睡眠を促す作用のある、メラトニンという物質が大きく関わっています。このメラトニンの元となるのが「トリプトファン」という必須アミノ酸です。

 

このトリプトファンを多く含む食品を夕食時に摂取することも有効だと思います。こちらのページを参考にしてみて下さい。

成長ホルモンの作用関連ページ

成長ホルモン促進サプリメント
元気があれば何でもできる!と、猪木さんがいっているように、元気は宝です。元気があれば、自分で考えて行動できる。