成長ホルモン促進サプリメント

成長ホルモンのサプリメント

睡眠中の成長ホルモンが、体の修復や代謝、脳の成長や休息などの働き行っているのは、もうお分かりかと思います。この体の修復や代謝などは、睡眠のゴールデンタイムと言われる、すなわち成長ホルモンの分泌が盛んな時間帯をメインに行われます。疲労回復などの観点からしても、成長ホルモンを多く出すことがポイントとなります。

 

ですが、成長ホルモンは10代後半をピークに分泌が低下してゆきます。成長ホルモンのサプリメンは、ホルモン代謝などの異常が起こるどの問題があるため、医者の判断が必要です。

 

そこで、注目されるのが、ホルモンそのものではなく、ホルモンの分泌を促すような食品です。その中でも注目されるのが、アミノ酸です。アミノ酸加工食品として販売されていることが多いようです。このような、成長ホルモンを促進するサプリメントを就寝前に飲むのも有効だと考えられます。

 

体を作る、基となるのが、、

たんぱく質を構成している、20種類のアミノ酸のうち、体内で合成できない9種類のアミノ酸のことを『必須アミノ酸』と言います。
そして、成長ホルモンを促進するのに必要な成分としても、必須アミノ酸を摂取することがポイントになります。必須アミノ酸である、9種類のアミノ酸を、すべてを取ることが重要です。どれか1つが欠けても筋肉や血液、骨などを作ることができなくなってしまいます。

 

必須アミノ酸には、、

リジン、ロイシン、フェニルアラニン、バリン、トレオニン、イソロイシン、メチオニン、ヒスチジン、トリプトファン

 

体作りのため、総合アミノ酸食品を購入するときには、たくさんの量が入っているというよりは、この9種類が入っているかどうかをチェックしましょう。

 

その中でも、、

成長ホルモンの促進に大きく関係しているのが、アルギニン、リジン、オルニチン、グルタミンといったアミノ酸です。それに、ビタミンB6、亜鉛、などをプラスすると、成長ホルモン促進に効果的とされています。

 

アルギニン
天然に存在するアミノ酸のひとつで、成長ホルモンの分泌に大きく関係し、体内の活性化、免疫反応の強化、筋肉の強化などに効果があると言われます。アルギニンは体内でグルタミン酸から生成されますが、生成能力は十分とはいえず、不足分を体外から摂取する必要があるため、準必須アミノ酸とよばれています。
リジン
たんぱく質の吸収を促進させ、ブドウ糖の代謝やカルシウムの吸収にも重要な働きを。
オルニチン
肝機能の有害物質の解毒を助ける働き、成長ホルモン誘導体でもありアルギニンと配合されることがある。
グルタミン
胃腸のエネルギー、筋肉の分解を制御、筋肉の合成を促進する、成長ホルモンの分泌を促進する。

 

 

 


 

アバンド
すっきり飲みやすい!胃もたれしなかった、医薬品の効果を実感した、肌再生、改善におすすめ!
H.G.H.D. premium
オレンジ味で飲みやすい、日本製で安心感もあり、穏やかな効き目。

 

いろいろと、アミノ酸加工食品として販売されていますね。20種類のアミノ酸が配合されたもの、中には、胃のむかつきなどの副作用を感じられる方もいるようです。ご注意ください。

 

成長ホルモン促進サプリメント関連ページ

成長ホルモンの作用
元気があれば何でもできる!と、猪木さんがいっているように、元気は宝です。元気があれば、自分で考えて行動できる。