寝る前に食べたらダメ?

お腹が空いて眠れない

お腹が空いている状態で、寝ようと思っても、どんどんお腹が空いていくばかりで、いっこうに寝れません。なので『お腹が空いているので眠れません。』というのは正解です。

 

寝る前に食べると太る

ですが、寝る前に食べると、就寝中の消化活動は鈍くなっているので、内臓にかかる負担も大きいです。翌朝の胃もたれにつながります。また、夜中に分泌されやすいホルモンが脂肪をためやすくしますので、同じ量を食べても太りやすくなります。

 

 日中の活動時に比べ、夜は食べてから寝るまでの時間も短く、摂ったエネルギーが燃焼されにくいのです。さらに、夜に摂ったエネルギーは、体を動かすためでなく、体をつくるためのエネルギーとなるので、骨や筋肉、脂肪となるというわけです。なので、朝と夜に同じものを食べたとしても、夜に食べたほうが太りやすくなるということになります。

 

寝る3〜4時間前までに食事は終わらせておく

理想の就寝時間が10時という前提にお話しますね、そうすると20時以降に食べると、脳や胃が休まらないので、寝ていても熟睡していない状態になっています。
寝ると胃の動きも鈍くなり余計な負担がかかり、また立っていたり、座っているときと違い、食物の流れも悪くなります。

 

 また、夜遅くに食べることで、朝は食欲が湧かず、朝食を抜きがちになってしまったりと、悪循環を生んでしまうこともあります。

 

お腹が空いて眠れないときは…

ホットミルクを1,2杯飲んで寝ましょう。豆乳でもok。体もリラックスできるし、胃の粘膜も保護してくれます。