お酒の力を借りて寝るのは

寝る前に、お酒を飲む習慣は体に悪い?


寝つきを良くするためにアルコールを軽く摂取する習慣は西洋にもありますね。『ナイトキャップ』と言われています。

 

確かにアルコールは、「百薬の長」といって、多少体調を崩しても、気分転換のためにお酒を飲む人も多いかと思います。お酒が百薬の長といわれる理由には、なんといっても気分的に開放感が味わえることです。お友達とお酒を飲んでいると、リラックスと開放感で話しも弾みます。

 

アルコールの効能

アルコールは、神経活動を麻痺させる麻酔作用があります。その一方で興奮作用ももっています。アルコールの麻酔効果は、脳の上のほう、大脳のほうから静かにさせていく仕組みになっています。静かにさせるということは、徐々に活動を低下させていくということです。

 

興奮作用は、アルコール効果の比較的、最初の段階で現れます。そのため、興奮して大声を出す人もいれば、興奮してしまって眠れなくなる人もいます。そして、この段階より先に進むと、アルコールの麻酔作用により大脳の活動レベルが下がってきます。沈静効果が高まってくると、眠気が襲ってきます。駅の階段や繁華街の道路で、寝てる人が、まさにその状況です。アルコールの作用の個人差はありますが、この状態になるまで飲むのでしょうか?!

 

寝るためにお酒を飲むのを習慣化するのはどうなのでしょうか。

寝る前にお酒を飲むと、眠りに付くのがスムーズになるといった現象はあるでしょう。ですが同時に体が慣れてくるので、眠気が出てくるまで飲むと酒量が増えると言われています。

 

アルコール分解は個人差がありますので、アルコール分解能力が大きいなら影響は少ないと思います。ですが、飲めない体質の人が、寝る為に無理して飲むのは身体を壊してしまいます。

 

寝酒はアルコール依存症の第一歩

寝酒はリラックスするために飲まれる人がほとんどだと思います。ですが、体内での作用は逆で、身体を活性化してしまいます。さらに眠りに落ちるまで飲み続けると、知らぬ間に大量のアルコールを摂取していることが多くなり、肝臓に負担がかかってしまいます。
お酒の力を借りて寝るという、少し他力本願のような気もします。生活習慣の改善で、自然に眠れるようにこころがけていくほうが健全ですね。

 

飲むなら楽しいお酒

『お酒を飲むなら、みんなで飲んで騒いだり楽しむお酒、一人酒でも気分が良くなる楽しい酒』は酒量に関係なく、アルコール依存症にならないようです。


 

睡眠薬を服用している人は、アルコール控える

 

睡眠薬の種類には、

 

ベンゾジアゼピン関連物質
筋の力を弱める、脱力感が出てしまう。

 

メラトニン関連物質
2010年7月から処方、寝つきに効く、脱力感が無いのが特徴。