うるさくて眠れない

うるさくて眠れない

眠りに入ること、睡眠を継続するには、40デシベル以下が望ましいとされています。図書館レベルです。
音の感じ方は、個人によって異なりますので、一概に騒音だ!と断定することは難しいですが、自分の睡眠を守ることになるので、対策をしましょう。

 

手軽にできるとといえば、耳栓…でも、マスクとか耳栓とかって、寝るときダメな人っていますよね。わずらわしい感じがして、もし大丈夫でしたら、効果ありそうですね。

 

 

カーテン!以外に防音効果があるようです。うちでは騒音は気になりませんが、カーテンがあると、室温の調節や光の調節、メンタル的な落ち着き感、などの効果を感じます。それに加え、防音効果(音の吸収)率は、50%〜80%あるそうです。

 

カーテンの設置時の注意点

 

隙間を作らない!
小さな隙間から音が漏れます。窓を覆うような形で設置しましょう。
カーテンBOXや、カーテンレールカバーなどご使用されると、なお音もれを軽減できます。

 

 

睡眠の妨げになる音量は、
住宅地での昼間(6〜22時)の騒音は55デシベル以下、夜間(22〜6時)は45デシベル以下とされています。
密接した住宅街などでは、個人のモラルもありますし、常識的な気遣があれば、トラブルになるようなことはないと思いますが、、
結構、自分の家の音って分からないこともあるようです。
この騒音は、どこに住んでいてもありますね、騒音とはおさらばだと思った一軒家でもありました。
言われることもしばしば…映画を見ているときに、音量を大きくするタイプで、結構うるさかったみたいですっ
一軒家では、反対に隣の人の家から夜になると大音量が聞こえてきました、でもライフスタイルが不可解だったので、様子見でした。
ある日、突然引っ越しました。
となることもあるのですが、できれば直接言わない方が、トラブル回避になると思います。管理人にそれとなく言ってもらう、回覧板で騒音に関するチラシをはさんでもらう。ポストに入れてもらう、などなど

 

 

寝る部屋を変える