寝る方法

寝る方法

昼食は、アラキドン酸が含まれている食事を

 

アラキドン酸は、脳の神経構造を構築させる物質です。
不安や恐れや痛みを抑え、穏やかな気持ちをもたらしてくれます。このような働きから、精神疾患の予防や治療にも効果が期待されています。
脳の健康や、睡眠と覚醒のリズムを整えてくれる可能性を秘めています。

 

アラキドン酸を含む食品としては、お肉、魚、卵、レバーなどに多く含まれています。

 

昼食には牛丼卵のせを食べるのをおすすめします。

 

寝具は大事

夏は、毛布や綿ではなく、羽毛肌がけ布団や麻のシーツがおすすめ。通気性が4倍もある。
そして、寝るときの部屋の温度は26℃

 

 

寝る前の儀式

心をやさしくもって、膝を立て「あー」と息をはく、、吸い込む時は自然に空気が入ってくるので、静かに吸う。息を吐く時は「あー」と声を出してもいい。
副交感神経がリラックスして眠りに入りやすくなる。

 

目覚めも大切

すっきりする食べ物は、ピノだとか
それも、2粒

 

すっぱいのが大丈夫な人は、レモン水(大さじ2杯ほどのレモン汁)、リモネンに覚醒効果がある。