レム睡眠行動障害発症原因

レム睡眠行動障害とは

症状が出現する頻度は個人差が大きいため、たまにしか怒らない時には、なかなか病院を訪れないことが多くあります。

 

寝言から始まり、暴力に至ることもあります。早めの受診と対応をしましょう。しかし故意に殴ったと誤解されて夫婦関係がギクシャクすることもあります。
夜中の行動が恥ずかしいので、旅行などに行かないという不便さを抱えた人も居るようです。

 

家族・周囲の病気に対する理解と、早めの受診が重要と言えます。
何かおかしいな、と感じたら早めにお医者さんに相談しましょう。
加えて、RBD患者の約3割が、将来パーキンソン病や老年期に多いレビー小体認知症などの神経変性疾患になるとの報告もあり、早めの受診と対応の重要性が増しています。

 

RBDの原因ははっきりとせず不明ですが、アルコール、睡眠不足、ストレスなどの行動の発現に関係していることがあります。

 

頭部外傷、農園、髄膜炎などの頭部の炎症性疾患、中には脳梗塞や腫瘍からおこることもあるので、脳外科や神経科で、脳の磁気共鳴画像装置(MRI)やコンピューター断層撮影(CT)の検査を受ける必要があります。