理想の睡眠時間は?

長生きできる睡眠時間

時間にすると、おおよそ人生の1/3は睡眠をしています。
3分割すると、1つは睡眠時間、2つ目は自分の時間、3つ目が仕事の時間と分類し、バランスを保って確保するのが、心も身体も健全な生活が送れます。

 

時間にすると、1/3は8時間です。その中で、夜は、7.5時間が長生きする睡眠時間と言われています。
残りの、30分は昼寝で取るのも良いと思います。

 

脳にある体内時計で、睡眠時にもリズムを刻んでいます。よく耳にする、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しています。これを1セットすると、約90分〜かかります。時間にすると、1.5時間の倍数が

 

自分がスッキリできる睡眠時間を。

概日リズム(がいじつリズム)は遺伝的に決定されているものですが、環境や年齢を重ねると変化するものでもあります。

 

睡眠時間、1日9時間以上の人をロングスリーパーと呼びます。そして6時間未満しか眠らない人をショートスリーパーと呼ぶようです

ロングスリーパーは人口の10%、ショートスリーパーは人口の5%占めるようです。

 

ということで、85パーセントの人は6〜9時間の睡眠時間を取っているようです。6.5〜7.5時間が一番死亡率の低い睡眠時間です。

 

自分に必要な睡眠時間は?

と考えると、日中の生活に支障がなく過ごせる睡眠時間が、その人にとって必要な時間と言えそうです。

性格と睡眠時間

短い睡眠時間ですむ方をショートスリーパーと言いわれますが、タイプ的に社会順応性があり、野心家、自信家が多いそうです。

イケメン俳優の玉木宏さんが、4時間睡眠だそうです。それ以上寝ると、逆に体調が悪くなるそうです。4時間で十分なんてカッコよすぎですよ。

 

社交的なのでいろいろ忙しいことが多く、あまりくよくよすることも少なく寝つきも良いので、効果的に疲れが取れると考えられています。

 

芸能人だと、明石家さんま、みのもんた、伊集院光、上戸彩など

 

これに対しロングスリーパーの性格は内気、内向的で、細かい事を気にする人が多いと言われています。

 

つねに思考しているタイプで神経質な性格で、寝付きも悪く、眠りも浅い(レム睡眠が長いといわれています。)そのため日中の脳の疲れが多いために睡眠時間を多くとらなくてはいけないそうです。

 

有名人では、アインシュタイン、ペネロペ・クルス(本人いわく美容のために睡眠は13時間だそうです。)

 

仕事のライバルが、1日5時間の睡眠時間で働いているから、自分も睡眠時間を5時間にして頑張るぞ!というのは、ちょっと難しいようです。