理想の就寝時間は?

理想は10時に寝ている状態

成長ホルモンや美容の効果も期待できる、最近何かと話題になる『成長ホルモン』

 

この成長ホルモンが分泌される時間帯が、22:00〜2:00の間と言われています。実際、眠くなる物質、メラトニンはこの時間帯に多く分泌されます。この時間帯に起きていると、メラトニンの分泌は大幅に低下してしまうのです。

 

眠くなると、うとうとしだし、すやすやと眠り、ぐっすりと深い眠りに入ります。その最初に訪れるのは深い眠りでもある、ノンレム睡眠が、夜22時から2時までの間です。この時間帯に、ノンレム睡眠であれば、多くの成長ホルモンが分泌すると言われています。

 

 この夜10時から夜中の2時までの4時間は、神経にとって最も大切な睡眠時間となります。

 

よく短時間睡眠という言葉を耳にしますが、睡眠時間を4時間にするとしてもこの時間帯は寝ておくといいでしょう。

 

基本はやはり『早寝早起きですね。』

 

 

肌の再生時間

肌などを修復する時間帯は、23時から2時までと言われています。最低でも、その日のうちに寝ないと(24時まで)お肌に影響を及ぼすしていると感じます。

 

2時〜4時までは、内臓を修復する時間帯とも言われているので、23時〜4時までの、5時間は寝ていると美容と健康を維持できそうです。
ということは、この時間に寝ているのが理想とされます。9時半くらいには布団に入りたいですね。